カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

クロコダイルレザーとは?

クロコダイルレザー (ワニ革)について

クロコダイルレザーはクロコダイルやアリゲーターのスキンをなめし、染色して作られます。

世界中に生息するクロコダイルやアリゲーターは水棲爬虫類に属し日本語ではワニと総称されているようです。世界には20種以上のワニが熱帯から亜熱帯地域に分布し、淡水域(河川・湖沼)および一部の海域(海岸を主とする海)に棲息します。 繁殖形態は卵生。なかでもアフリカのカイマンアリゲーター、アメリカアリゲーターや東南アジアのシャムクロコダイルなどの皮は革製品として広く利用されています。開発による生息地の破壊や、皮目的の乱獲などにより生息数が減少している種もあり、ワシントン条約付属書II類によって保護されています。革製品として利用されているもののほとんどは商品化を目的に大規模な養殖場で繁殖されているのが現状です。

クロコダイルレザーは「皮革の宝石」と呼ばれその美しさと希少性が古くから高級品、贅沢品として世界中の人々に愛されてきました。日本ではワニ革バッグや財布は、いつの時代にも根強い人気があり、ワニ革や製品の上位輸入国です。近年はなめし、染色技術の向上により、幅広いデザインやカラーが可能になり、従来のラグジュアリー感のみでなく、よりファッショナブルなアイテムとして欧米のセレブリティーなどにファンが広がっています。また価格の面でもより広汎なコンシューマーが手の届く価格帯の商品が多く市場に出ています。